男を上げる勝負下着【 TOOT 】公式へ 
ゲイ

ゲイだとバラされたアウティング事件、カミングアウトの危険性

皆さんどうも、ぴーゆ(@GayDaraBlog)です。

 

【アウティング】という言葉をご存知でしょうか?

ゲイであることを本人の同意なく第三者に暴露することを言います。

比較的、新しめな言葉のイメージですね。

 

ノンケ
ノンケ
あいつってゲイらしいよ!
ノンケ
ノンケ
え!まじで!?w

 

バラした本人はただただ面白がって言っているだけかもしれません。

しかし暴露されたゲイにとっては、たったこれだけで、

差別や凶弾されたり、家庭や仕事の崩壊

社会的、物理的に命を失う可能性もあるのです

 

アウティングはゲイの人生を狂わせる

 

冒頭で説明したとおり、ゲイの人生はたったひと言のアウティングで大きく揺れ動かされます。

アウティング (英語: Outing、発音: [a’utiŋ]))はゲイやレズビアン、バイセクシャル、トランスジェンダー(LGBT)などに対して、本人の了解を得ずに、公にしていない性的指向や性同一性等の秘密を暴露する行動のこと。

引用元:Wikipedia/アウティング

カミングアウトされ、それを他者に話してしまったことのある方は今一度、カミングアウトしてきたゲイが自分の言葉で今後どうなるのか想像してみてください

 

学生だったら?

からかわれたりいじめられるかもしれない。

 

同じ会社の人なら?

職場の人間の対応が冷たくなったり出世の道が絶たれるかもしれない。(自分の周りでも実際に会社に手紙でアウティングされるいやがらせを受けて立場が悪くなった方がいました)

 

家族だったら?

親や兄弟に距離を取られたり病院に連れて行かれたり暴力や勘当されるかもしれない。

 

あなたのその言葉は面白おかしく拡散され、ゲイは差別や凶弾される危険性を抱えることになります。

中にはそんな環境に陥り、深く傷ついた末に自ら命を絶つゲイもいます

 


一橋大学アウティング事件

 

皆さんは2015年に起こった一橋大学アウティング事件をご存知でしょうか?

この事件を知ったときは胸が締め付けられるような気持ちでした。

事件の概要は要約すると以下の通りです。

 

一橋大学の男子生徒A(同性愛者)が男子生徒B(異性愛者)にLINEで告白するも、「これからも良い友達でいよう」と玉砕

ここまでなら若いゲイにはよくある話です。

 

しかしBはその後、別の同級生達も参加しているLINEグループへ「お前がゲイであることを隠しておくの無理だ、ごめんA」と投稿。

第三者への暴露、アウティングですね。

 

弁護士によると、男子学生Bはこのグループでのアウティング以前にも、3人の同級生へのアウティングをしていたそうです。

男子学生AはBと授業などで同席すると吐き気や動悸等のパニック障害の発作を起こすようになり、ついには大学構内の6階ベランダから投身、亡くなられました。

 

かいつまんで要約したので、詳しくは参照元ウィキペディアなどご覧ください。

参照元:Wikipedia/一橋大学アウティング事件

 

この事件はアウティングによる凄惨な事件です。

告白という形でのカミングアウトではありますが、理由はなんにせよカミングアウトによる最悪の結果と言えるのではないでしょうか。

亡くなられた方のご冥福をお祈り致します。

 

何故カミングアウトするのか

 

この事件では色恋によるものですが、そもそも何故ゲイであることをカミングアウトするのか。

前提として、ストレート(ノンケ)の方にカミングアウトするゲイは多くはありません

リスクが多すぎますからね。

 

カミングアウトするゲイの観点から書いていきます。

筆者ぴーゆは親や兄弟、高校時代から周りの友人や職場でもカミングアウトしていました。

 

何故そうしたか、自分の場合は承認欲求と話を合わせることに疲れてしまったためです。

男友達といれば男同士ですから女性の話が多く、やれこの女がエロいだ彼女が欲しいとか。

親といれば彼女はいないのかいるなら連れて来いとかそんな話が多いわけです。

 

ぴーゆは昔から嘘が下手で、顔に出たり変に濁してしまうため逆に追求されて、その精神的リスクを排除するため、ゲイであることを含めて受け入れて欲しい思いからオープンにしています。

 

これは筆者ぴーゆ個人の理由なので、カミングアウト理由は人それぞれですが、ゲイがカミングアウトする理由としてはありがちな方かと思います。

基本的に、本当に信用した人にだけカミングアウトするゲイが多いです。

 

悩んで悩んで勇気を振り絞ってカミングアウトしていることを忘れないでください。

 

カミングアウトされても迷惑だ!

 

「勝手にカミングアウトして来てバラすななんて迷惑だ!喋りたい!」と思う異性愛者の方もいるかと思います。

ゲイがカミングアウトしたからには、あなたはその人に信頼されているのだと思います。

 

上記に書いたように、カミングアウトには様々な危険性が含まれていますが、それを承知の上でカミングアウトしたことを考えてください。

確かにカミングアウトするかどうかは当人の自己判断ですが、その信頼を汲み取ってより良い関係を作っていくことが出来るかと思います。

 

別にカミングアウトされたからと言って、それは告白とは限りません。

友達として信頼しているから秘密を打ち明けたのかもしれません。

「へ~そうなんだ!」くらいにラフに受け取って、人に言いふらすようなことではないことをわかってください。

 

ゲイを敵に回すノンケの言葉、自信過剰過ぎない!?イケメン大好き、ぴーゆ(@GayDaraBlog)です。 悪気が無くても知らないうちに人を傷つけてしまうこと、ありますよね...

カミングアウトを告白だと勘違いしないでくださいね~!

 

そもそもノンケを恋愛対象にするのが間違い

 

これに尽きます、ええ尽きます←

この事件を見ていて「ゲイの身勝手さ」も感じました。

 

片思いで目の前のことしか見えなくなるのはわかります。

しかし、よっぽどのことが無い限り、ノンケはゲイに気持ちは行かないでしょう。

自分が高校生の時にも、ノンケを好きになった時期がありました。

 

ええ、小娘でした。

 

ゲイに告白されたノンケにしてみたら、自分のことを恋愛的に見てくる野郎がいるわけですから多少の距離が開くのは仕方ありませんよね。

それでも友人でいてくれたなら、その人はいい男ですね。

男を見る目あるわよあんた。

 

で・も・ね?

よくお聞きお嬢ちゃん。

 

そもそもゲイがノンケに恋をするなんて人間の王子様を好きになった人魚姫よ。

女性になりたい性同一性の方なら露知らず、あたし達はゲイ!

 

あたしのダミ声を生贄に超絶美少女にしてくれる魔法もアースラもいないわけさ。

これが現実なのよ子猫ちゃん←

 

ゲイはゲイと恋愛する

これがセオリー(例外はあるだろうけど)

お互いの畑を荒らさないように、皆仲良くしましょうね♪

 

・・・ゲイにも見向きされないブスなあたしは枕と恋愛すればいいかしら。

 

それでは今回はこのへんで。

しーゆーあゲイん☆

こんな記事もおすすめ