異世界転生のススメ!なろう系作品で【人外転生】おすすめ3選!

アイキャッチ手抜きかよ!!!

 

皆さんどうも、ぴーゆ(@GayDaraBlog)です。

異世界転生、流行ってますよね。

 

最近だとソードアートオンラインとかリゼロとかログホライズンとか?

現実逃避癖のあるぴーゆは大好物です。

 

た・だ・し

ぴーゆの好むのは異世界転生といっても

【魔物、モンスター転生物】

いわゆるチートスキルで俺TUEEEEEEするのも好きですが、人外で最強なのが好きです。

はい、変態です。

 

今回はそんなぴーゆがおすすめする人外de異世界転生ものです。

転生したらスライムだった件

 

これは結構有名だから知ってる人も多いんじゃないかな?

スライムTUEEEEEE!!!な作品です←

 

あらすじとしてはこんな感じ

特別なことはない平凡なサラリーマンの三上悟37歳は、世間的には大手と言われるゼネコンで働きながら気ままに暮らす独身貴族です。

ある日、悟は後輩の田村から結婚の相談を持ち掛けられ、田村の彼女と3人で歩いていたのですが、突然通り魔に襲われてしまいます。咄嗟に田村をかばった悟は、通り魔に刺され、そのまま死んでしまいました。

なぜか意識を取り戻した時、目も開けられず、手足を動かすこともできない悟は焦りますが、しだいに自分があるものに生まれ変わっていることに気が付きます。それは、ゲームの世界で最弱モンスターの代名詞「スライム」だったのです!

出典:ホンシェルジュ/小説『転生したらスライムだった件』の魅力を全巻ネタバレ紹介!

 

洞窟で目覚めた(発生した?)主人公スライム、リムルははじめはスライムだからか視界すらない状態

洞窟に封印されている巨大な竜「ヴェルドラ」と出会いリムルと名づけられ、主人公はヴェルドラと自分に「テンペスト」のファミリネームを名づけて友達になる。

そんな物語のスタートですが、リムルの持つユニークスキル”捕食者”というスキルがまあ便利!

捕食したモンスターのスキルや魔法を使えたり擬態できたりします。

取り込んだものの解析も行えます。

封印されて身動きの取れないヴェルドラも”捕食者”で封印結界ごと体内に取り込み、封印を解除する方法を探すために旅に出ることに決めました。(ヴェルドラは体内で生きてます、友達ですから)

 

最弱モンスターで無双、夢があるよねぇ~

アニメ化決定の2018年3月時点で書籍の累計が450万部を突破したそうです、すげぇ。

アニメも要チェケラだね。

 

原作の小説は以下より読むことが出来ます。

小説家になろう/転生したらスライムだった件

 

蜘蛛ですが、なにか?

 

蜘蛛TUEEEEEE!!!な作品です←

女子高生だった「私」は、古文の授業中に突如激痛に襲われ目が覚めると…何故か異世界で「蜘蛛」に転生していた!!
「勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することになる。クラスの中でも最底辺に位置する主人公は、よりにもよって蜘蛛の魔物として生まれ変わってしまう。ただ、異常な程に強い精神力で現状を受け止め、割とあっさり順応してしまう。これは蜘蛛の魔物になってしまった主人公が、なんやかんやサバイバルして生きていく物語である。」

出典:ピクシブ百科事典/蜘蛛ですが、なにか?

 

女子高生が蜘蛛になってしまうっていう

もはやパワーワード

たまんねぇなぁおい?←

最初の種族は「スモールレッサータラテクト」
蜘蛛系モンスターの中でも底辺に属する種族であるため、戦闘能力は極めて低いってのもポイント高い。

最強スタートもいいけど成長が見れるのはぴーゆの母性的にアガる←

といってもやっぱりチートでウハウハするんだけどね。

 

「最初の」っていうのもこの作品のモンスターは進化があり、レベルが上がると進化して姿が変わります。

たまんねぇなぁええ~?←

なんやかんや死と隣り合わせ感を感じられるので、ただただTUEEEEするだけではないのがいいですね。

ネタバレしない程度に紹介するって難しいね。

 

原作はこちら

小説家になろう/蜘蛛ですが、なにか?

 

オーバーロード

 

これは上記で紹介した「転生したらスライムだった件」の作者がインスパイアされたなろう作品です。

骸骨TUEEEEE!!!です←

こちらは異世界というか、オンラインゲームの世界ですね。

(ウェブ版及び書籍版の共通部分)

その日、長らく続いたVRMMORPG「ユグドラシル」のサービス終了に伴いプレイヤーの1人であるモモンガは、かつて栄光を誇ったギルド、アインズ・ウール・ゴウンの本拠地で郷愁を胸に、一人だけでゲームの終わりを迎えようとしていた。

サービス終了までのカウントダウンが始まる中、モモンガは目を閉じて仲間達との思い出を回想しながらユグドラシルの終了を待っていたが、終了時刻を迎えても強制ログアウトは起こらず、NPC達は意思を持って動き出し、自身もゲームの中の(自分が作った)キャラクターとなってしまったことに気付く。

モモンガはかつてのギルドの栄光を再び手にするべく、アインズと名を改め、ナザリック地下大墳墓の勢力を率いて暗躍し始めるのであった。

ナザリックが転移した異世界、不思議とかつてのユグドラシルと似通った部分を発見したアインズは自分達の持つ力がこの世界の常識と比較してあまりにも強大であることに気付きながらも万に一つの可能性を潰すべく慎重な姿勢を崩さない。まだ見ぬ強者、知らない技術、何よりその裏に見え隠れするプレイヤーの痕跡に。

出典:Wikipedia/オーバーロード

2015年のアニメも中途半端なところで終わってしまいましたが、やっと製作陣が腰を上げて今年の1月に第二期が放送され、今年の7月頃には第三期も放送予定だとか。

楽しみやぁ

 

こちらの作品のいいところはザ・非道☆

アンデッドへの変貌によって人間であった頃の精神のほとんどの消失により身内以外への感情の断絶が起こったためとされ、交流のある者以外に行った殺人は蚊を潰した程度の感覚となっている。そのため書籍版では自ら前線に出て様々な人間と親交を持ち一定の人間味を見せる一方、ナザリックに座して動かないウェブ版における踏み潰される人間への無関心ぶりはより顕著なものになっている。

出典:Wikipedia/オーバーロード

いいねいいねぇ~オネエさんそういうの大好きだ、もっとやれ!←

正直ぴーゆ的に「人間だから温情を」なんて生ぬるいきれいごとはいらないの。

胸糞野郎はぶっこr…おや、誰か来たようだ。

 

原作はこちら

小説家になろう/オーバーロード:前編

 

異世界行きたいよね

今回紹介した3作品は原作の小説なら無料で見れるから、興味持ったら是非見てみてね!

 

こうさ、チートじゃなくても魔法とか憧れるよね。

びゅーんひょいよ!的なやつ。

ぴーゆは転生するなら吸血鬼がいいわ。

夜な夜な若い男を吸血して魅了(チャーム)して洗脳してhshsするの。

あとモンスターテイマーなんかも憧れちゃう。

 

ちょっくら暴走してるトラック探して神様の手違いで死んだことにして転生してくるわ!

 

おすすめの転生物あったら教えてね!

ばいちゃ☆

この記事をシェアする